編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

【事例】Autodeskの収益モデル転換を実現、データ統合基盤の刷新がもたらしたメリットとは?

日本システムウエア株式会社 2020-11-17

1982年に「AutoCADソフトウェア」を導入して以来、3Dソフトウェア製品を中心にグローバルで事業を展開しているAutodesk。同社は、従来の永続ライセンスからサブスクリプションモデルへの転換を決断し、収益増と成長の実現を目指している。

しかし、既存のビジネスインテリジェンス(BI)システムでは、収益モデルの転換をサポートしきれず、高品質かつ鮮度の高いデータを必要とするステークホルダーの需要を満たせなくなっていた。そこで同社は、最先端のデータ統合手法である「データ仮想化」に着目し、既存のデータ統合基盤を刷新し、見事に収益モデルの転換を実現した。

同社はどのようにしてデータ仮想化を実現できたのだろうか。以下の資料では、同社の導入経緯やデータ基盤の刷新によって享受した具体的なメリットなどを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]