編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

従来のETL手法の課題を解決 最先端の統合手法「データ仮想化」で知っておくべき10項目

日本システムウエア株式会社 2020-11-17

これまでにない多様な種類、かつ膨大な量のデータが発生する現在、それらを適切なタイミングで処理することが多くの企業や組織には求められている。しかし、クラウドやビッグデータなどの技術が台頭・普及するにつれ、サイロ化されたソースごとに保存されたデータの管理はますます困難になっている。

必要な情報が複数のソースに分散していることが、ビジネスにおけるリアルタイムな意思決定を阻害している。それを解決する「データ統合技術」は、1970年代から導入されているが、従来型の手法では関係者のニーズを満たすような迅速なデータ統合を実現できていないのが現状だ。

以下の資料では、現状の課題に対応する方法として、最先端のデータ統合手法「データ仮想化」を提案。従来の統合技術との違いや導入メリットなどを踏まえ、今後のビジネスの成長に貢献するデータ統合環境を実現するために理解しておくべき10つの重要ポイントを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]