編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

【事例】観光業の課題解決に貢献する多言語対応スマートチェックインサービスを支えるOCI

日本オラクル株式会社(Oracle Cloud Case Study) 2020-12-03

東京オリンピック誘致をきっかけに観光ビジネスが盛り上がる日本では、観光ビジネスとともに宿泊産業が盛り上がりを見せる反面、日本市場全体が課題として抱える人手不足、人材不足が叫ばれていた。

そんな状況下で注目されるのが、特にチェックイン業務における対応人員や外国語能力不足といった課題を解決する新たな仕組みとして開発された、“スマートチェックインサービス”の「maneKEY」だ。そして開発・提供元である、ビジネスコンサルティング、システム開発などを行う株式会社電縁が、maneKEYの運用基盤として採用したのが「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」である。

本資料では、同社がOCIを導入してコストを抑えることで、他社スマートチェックインサービスでは難しい完全従量制を実現したり、高い開発生産性・運用効率性のアーキテクチャを実現したりするまでの経緯を解説している。まずは一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]