編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

インフラのシンプル化で運用効率向上、BCP対応!事例に見るHCI統合のメリット

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ合同会社(Intel) 2021-04-05

産業用ガス検知・警報器で大きな国内シェアを持つ理研計器は、従来いわゆる3層構造のシステム構成とVMwareの仮想化ソフトを組み合わせた仮想化基盤で基幹システムを運用してきた。だがメンテナンスや運用効率、拡張性に課題を抱えていたため、システム移行を検討。Lenovo製のサーバーとNutanixのHCIソフトウェアを組み合わせた「ThinkAgile HX3320」による集約を決めた。メンテナンス性や拡張性に優れるシステム基盤を実現したことに加え、BCPに対応するシステムも構築した。

この資料では理研計器によるHCI集約の取り組みについて、導入を主導したユーザー自身が詳しく話している。構築と運用を担当するパートナー企業もプロジェクトを振り返って解説しており、HCIへのインフラ集約を検討する企業にとって、参考になる情報を収録している。ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]