編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

ホワイトペーパー

そのまま使えるMicrosoft 365バックアップ&リストアガイド-Arcserve UDP7.0

arcserve Japan合同会社/SB C&S株式会社 2021-01-28

テレワークの普及などにより、さまざまな業務アプリケーションでクラウドサービスを採用する企業が増えてきている。しかし気をつけなくてはならないのは、常に最新のバージョンを使えるなど便利なクラウドサービスではあるが、クラウドサービス利用時のデータ保護やバックアップ、コンプライアンスなどの最終責任は利用企業自身にあると言うことだ。本資料で取り上げるMicrosoft 365は、もっとも多くの企業で採用されているクラウドサービスであり、基本的な保護機能は備わっているものの、高い水準の安全性を求められる企業のニーズには応えきることはできないのが現実だ。
そこで本資料ではArcserve UDP、Arcserve UDP Appliance、および Arcserve UDP Cloud Hybrid を活用した、Microsoft 365(Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive)のデータをバックアップ&リストアの手順を解説している。資料内ではExchange Online、SharePoint Online、OneDriveそれぞれにおける前提条件、バックアップ作成、バックアップデータのリストアを実際の画面を用いてわかりやすく説明している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]