編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

事業者任せでは済まされない、パブリッククラウドの安定運用を実現するベストプラクティス

アイレット株式会社 2021-05-18

多くの企業が自社のIT基盤として活用するパブリッククラウド。オンプレミスよりも低コストでシステムを構築したり、インフラの運用管理のスキルや人員がいない場合などにも重宝される。少人数で事業を展開するSaaSベンダーの多くが、パブリッククラウドを前提とし、ユーザー企業に魅力的なサービスを提供することに注力している。

しかし、豊富な実績を持つパブリッククラウドでも、システム障害が絶対に起きないわけではない。そのため、クラウド事業者だけにインフラ運用を任せるのではなく、自社サービスにおけるインフラの可用性や信頼性の担保も疎かにしてはいけない。

以下の資料では、パブリッククラウドの最適なインフラ運用管理を実現する方法を提案。特に、限られた人数で事業を展開するSaaSベンダーには、ぜひ参考にしてもらいたい内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]