編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

アジア太平洋地域におけるVMware vSANの総経済効果—導入メリットとコストを徹底分析

ヴイエムウェア株式会社(ハイブリッドクラウド) 2021-05-06

VMware Virtual SAN(vSAN)は、ストレージ仮想化を実現するソリューションとして、すでに多数のユーザーを抱えるサービスだ。一般にサーバ仮想化というと、共有ストレージを新設する必要があり、それがユーザーにとって負担となってきた。しかし、vSANを活用すれば、各ホストサーバ内にあるSSDやHDDなどのローカルなディスクを仮想化して1つのデータプールとして利用できる。したがって新たにハードウェアを購入する必要がない。

ストレージの仮想化には、さまざまな方法があり、その中でvSANは現在でも代表的な手法となっている。しかし、SSDによる共有ストレージの単価も低下してきており、一部にはvSANの圧倒的な優位性は崩れつつあるといった意見が出てきたのも事実だ。また、ホストサーバを増設しつづけた場合のパフォーマンスや管理コストについても、さまざまな意見が提出されるようになった。

本資料は、FORRESTER RESEARCHによるアジア太平洋地域におけるvSANがもたらした総経済効果の調査結果をまとめたものだ。VMware製品のユーザー3社の具体的な事例を分析し、インタビューも含めて詳細に解説している。昨今vSANによるHCI(ハイパーコンバージドインフラ)を構築する事例が増えているが、本資料でもvSANの展開時に想定される投資回収率(ROI)の検証を客観的に実施しており、HCIの構築を検討しているユーザーにとっても有益な資料となるはずだ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]