編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

IT部門に新しい可能性をもたらすVMwareのハイブリッドクラウドソリューションとは?

ヴイエムウェア株式会社(ハイブリッドクラウド) 2021-05-06

適正なコストで企業システムを運用する方法として、もっとも現実的なものは、パブリッククラウドとオンプレミスの両方でシステムを運用する「ハイブリッドクラウド」を構築し、稼動させることだといわれている。事実、多くの組織が、ハイブリッドクラウドの採用を前向きに検討しており、その大半が、一貫性のあるインフラストラクチャと運用を両立できるソリューションを必要としている。

しかし、ハイブリッドクラウドを構築する際に課題となるのが、アプリケーションの問題だ。オンプレミスでしか運用させることができないアプリケーションでは、状況に応じた運用ができなくなる。では、アプリケーションの実行場所を問わず、仮想化されたソフトウェアベースのインフラストラクチャを活用してクラウドを構築し、運用していくにはどうすればいいのだろう。

本資料は、その課題に対する解として「VMware Cloud Foundation」を提案。VMware Cloud Foundationにより、ビジネスの俊敏性の向上、コストの削減、あらゆるタイプのアプリケーションに対応するネイティブの開発環境の構築などを実現。プライベートまたはパブリッククラウドのいずれの環境でも、従来型かコンテナ型かを問わずさまざまなエンタープライズアプリケーションを実行できるようになる。パブリッククラウドの運用を簡素化する多様な展開オプションについて解説するなど、VMware Cloud Foundationの魅力を余すことなく感じられる資料となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]