編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

ハイブリッドクラウド構成でコストとRTOを最適化、今すぐ始められる災害対策

ヴイエムウェア株式会社(ハイブリッドクラウド) 2021-08-02

インシデント発生から素早く復旧し事業を継続させる災害対策(DR)は、企業に不可欠な取り組みだ。これまでは対策に多大なコストと復旧時間(RTO)がかかることが課題だったが、近年はクラウドを活用して効率的なDRができるようになっている。なかでも注目を集めているのが、オンプレミスのVMware製品で構成した環境と、AWSやMicrosoft Azureなどのパブリッククラウド上の環境を連携させ、ハイブリッドクラウド上で実現するDRソリューションだ。災害時にのみ必要な環境をデプロイしたり、平常時にデプロイしてある環境をハイブリッドクラウドとして活用したりすることでコスト最適化とRTO短縮化を両立できる。本資料では、近年注目を集めているVMwareのクラウドDRソリューション「VMware Cloud Disaster Recovery」(VCDR)の特徴、ユーザーメリット、ユースケース、活用のポイントを簡潔に解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]