編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

ヴイエムウェア株式会社(ハイブリッドクラウド) 2021-11-22

ビジネスとITがより深く結びつくようになった昨今、多くの企業では、アプリケーション開発の迅速化がより重視されるようになった。その実現には、さまざまな方法が考えられるが、最も注目度の高い手法は「コンテナ環境の活用」が挙げられるだろう。

わずか数分でデプロイ環境の構築を可能にするコンテナ技術は、開発から運用まで幅広く効率化できる。特に、Kubernetesはスケーラビリティや死活監視など、企業におけるコンテナ環境の運用を支援する。

多くの企業がコンテナ環境の活用に取り組んでいるが、本番環境での採用には至っていないことも多い。2021年の採用状況に関する2つの調査によると、全世界で65%に上るのに対して、日本企業の本番環境でのコンテナ/Kubernetesの採用率はわずか6%だった。その違いは何か? 調査結果の詳細な分析から考察してみる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]