編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

場所を選ばない新しい働き方を実現 「SASE」が企業にもたらす導入メリットとは?

ヴイエムウェア株式会社(SASE) 2021-06-07

今日の企業システムを取り巻く環境は大きく様変わりした。多くの基幹システムがデータセンターからクラウドに移行し、IoTの普及によるデバイス数の急増やデータ量の増大などが起こっている。また、自宅やオフィス、外出先などからのユーザーのリモートアクセスも増えた。

そうした変化に適応するためには、生産性や利便性の向上と併せて、セキュリティ上の最新の脅威からの保護も重要だ。その課題解決策として注目を集めているのが、ガートナーが提唱した「Secure Access Service Edge(SASE)」である。

SASEとは、一言で言えば「クラウドをベースとしたネットワークサービスとセキュリティサービスを統合管理するコンセプト」を指す。多くのベンダーが対応をうたう製品を提供しているものの、その全体像をイメージするのは必ずしも容易ではない。以下の資料では、代表的なSASEプラットフォームの構成要素や導入メリットなどを掲載。場所を選ばない新しい働き方を実現するためにも、ぜひ参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]