編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

ファストリー株式会社 2021-08-17

現在、多くの企業にとって収益の大きな源となったWebアプリケーション。特に、APIを通じて社内外のさまざまなサービスを連携することで顧客の利便性を高めつつ、事業成長につなげる動きが進んでいる。アジャイル開発手法やマイクロサービス化などでアプリ開発の現場ではスピードや柔軟性を高めてきた。

その一方で、APIが新たなセキュリティ脅威として認識されつつある。APIの脆弱性をつけねらうサイバー攻撃が増え、マルウェアの侵入やデータ流出のリスクが高まったのだ。多くのセキュリティ運用の現場では、APIセキュリティのために従来型の複数のツールを運用しているが、誤検知などのアラートの対処により多くの時間が割かれている。

相互に連携できないツールを組み合わせた多層防御では、セキュリティに隙が生まれてしまう。以下の資料では、グローバル調査の結果を踏まえ、転換期を迎えたWebアプリとAPIセキュリティ対策の最適解を探る。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]