編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

ファストリー株式会社 2021-09-07

クラウドやコンテナを利用したアプリケーション構築が広がる中、さまざまなサービスを連携して特定のアプリケーションを構築するために、APIの重要性が高まっている。だが、APIを介したアプリケーション構築にはパフォーマンスとセキュリティ確保の課題がついて回る。特に、金融サービスやヘルスケア業界、厳格なデータ保護規則の要件への準拠を必要とする企業は、データ保護を重視する強力なアーキテクチャを必要とする。そこでいま多くの企業が採用しているのがSignal Sciencesである。Webリクエストを検査し、アプリケーション、API、マイクロサービスに対する悪質・異常な Web トラフィックを検出し、ブロックすることで、企業のアプリケーションと API の安全を守る。この資料では、Signal Sciences のアーキテクチャを紹介し、世界の大手企業が活用している理由について、詳しく解説している。DevOps、SOC、SIEMツールと統合している点なども見どころである。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]