ホワイトペーパー

良いボットと悪いボットの違いは?ボット対策の課題と対応策まとめ

ファストリー株式会社 2022-02-15

ボットはさまざまな目的を持ってWebリクエストを自動化するソフトウェアであり、Webトラフィック全体の50%以上を占めている。良いボットには、Webサイトの健全性をチェックする監視ボットなどがある。
一方、人間が介在することなく、盗まれたクレジットカードをテストするなど悪用される可能性もあるため、アプリケーションのセキュリティ確保を考える上では、不正を働く目的を持つ者の攻撃手段と考えるのが基本だ。
この資料では、クラウドコンピューティングサービスプロバイダの米Fastlyが2020年後半に買収したSignal Sciencesの視点から、ボット対策の課題と、効果的な検出、分析、管理といった解決策を説明する。悪意のあるボットによる潜在的損害、良いボットと悪いボットの違い、ボットの意図を効果的に判断する方法、企業に悪影響を及ぼす悪意のあるボットトラフィックを食い止めるための戦略など、ボットへの対応策について、詳細に踏み込んでいる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]