編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

主流となったマルチクラウドを補完する「エッジクラウド」、ロードバランシングなど7つの手法

ファストリー株式会社 2022-09-29

複数のクラウドプロバイダーを採用するマルチクラウドが主流になりつつある。さまざまなユースケースに対応しつつ、ベンダーロックインを回避し、最善のソリューションを利用するためだ。だが、多くのクラウドプロバイダーが同様のインフラを提供しているものの、API やフレームワークなどアーキテクチャの詳細は異なるため、複雑なユースケースで活用している機能を他社は持たないこともある。そうしたマルチクラウドの注意点を補完するのが「エッジクラウドプラットフォーム」である。コアクラウドとエンドユーザーの間にエッジクラウドを置くことで、データをコントロールするネットワークの最終地点としての役割を担う。この資料では、ロードバランシングをはじめとしたエッジクラウドプラットフォームが提供する機能を中心に、マルチクラウド環境を補完する7つの方法を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]