編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

ホワイトペーパー

ローコードはDXの原動力、アプリ開発の内製化でITを成長のための武器に

Claris International Inc. 2021-12-02

ノーコード・ローコード開発という言葉をよく耳にするようになった。コーディングを前提にしないため、誰もがアプリケーションを開発できる。これがデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速に欠かせないと言われている。DX実現の順序は、デジタルツールで既存の業務をデジタル化するデジタイゼーションに始まり、次にデジタルツールを活用しながら新たなビジネスモデルの構築に進むデジタライゼーションへと向かう。ゴールを定め全体像を描いた上で、まずはノーコード・ローコードツールを使って、デジタイゼーションの内製化に取り組むのが常道と言われる。この資料では、DX実現の原動力となるアプリケーション開発の内製化に焦点を当てる。アップルの100%子会社で、ローコード開発プラットフォームを提供するClarisが、30年以上前から提供するローコード開発製品「Claris FileMaker」を通じて、競争優位性を獲得するための取り組みへと進化させる道しるべを提示する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]