ホワイトペーパー

ユーザー企業でついに5割超え、いまこそ内製化すべき業務とシステム内製化を阻むカベ

株式会社リンプレス 2021-07-01

ユーザー企業の約5割で内製化が進んでいる。情報処理推進機構(IPA)が発表した『ユーザー企業の内製化状況』によると、ユーザー企業の約半数が、業務の一部を内製化することを進めている。内訳を詳しくみると、約3割が企画・設計など上流工程にかかわる内製化であり、プログラミング工程を含めた全体工程の内製化には至っていないケースが目立つ。ITシステムの内製化が活発化する背景とそのメリットはどこにあるのか。

本資料では、DX(デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれるなかでまず内製化すべき業務として「IT企画」や「プロジェクトマネジメント」を挙げながら、システム内製化のメリット、それを阻むカベと克服の仕方、社内IT人材育成の重要性を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]