ホワイトペーパー

新たなバトルフィールドとなった、データセンター内East-West通信でのゼロトラストの実現

ヴイエムウェア株式会社(ALB/NDR) 2021-07-02

多くの企業が多額の費用をかけてセキュリティ対策を行っている。だが、大規模なセキュリティ事件、事故が止まらない。その原因の1つは攻撃対象となる領域(アタックサーフェス)の爆発的な拡大にある。かつてシステムの脆弱性を突く攻撃は数%だったが、最近では30%にまで拡大。システムが巨大化、高度化する中で、1つか2つの対策の抜け漏れが突かれている。なかでも新たな「バトルフィールド」になっているのが、データセンター(DC)トラフィックの約8割を占めると言われているEast-West通信だ。本資料では、データセンター内East-West通信においてゼロトラスト環境を実現するアプローチとして、ハイパーバイザーにファイアウォールやIDS/IPSを分散配置する「VMware NSX-T™ Data Center」の機能と次世代脅威保護の仕組みを解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]