編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

AI-OCRを武器にデジタル化に成功、年間1000時間以上の削減を見込む名古屋銀行の取り組み

AI inside 株式会社 2022-02-14

名古屋銀行は、重点戦略であるテクノロジーの活用の一環として、AIベースのOCRを導入した。対象は、住宅ローンの事前審査申込書の作成だ。以前は、顧客が入力した紙の申込書を参照しながら従業員が手入力する業務が存在していた。入力をデジタル化しようとしても、過去データなど困難な文書もあったため、AI-OCRの導入を決めた。マクロと組み合わせて活用することにより、業務の自動化が可能になり、年間1000時間以上の業務時間削減を見込む。課題であった過去データのデジタル化も実現に向けて動き出した。
この資料では、名古屋銀行の担当者に話を聞きながら、AI-OCRの効果を解説する。ソリューションとしてDX Suiteを選定した理由や決め手となった要因、導入までの流れについて、生の声を聞くことができる。銀行などの金融機関だけでなく、多くの過去データを保有し、将来を見据えてデジタル化を進めたい企業にとって参考になる内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]