ホワイトペーパー

データドリブンな企業に欠かせないリーダーの役割と、チームの貢献度を最大化する組織作りのコツ

ガートナージャパン株式会社 2023-09-11

海外の大企業では、最高データ/アナリティクス責任者(CDAO)を設置することが一般的となってきた。日本企業の執行役員以上に相当するCDAOは、成功しているCDAOが最も多く協働しているのはCEO であることが明らかになっている。

また、CDAO配下のチームは、専門の学位を持つ、または十分な経験を積んだ人材で構成されており、収益を含むビジネス成果の獲得に責任の重点が置かれている。チーム力を最大化して成果を収めるには、個々の能力と相乗効果を高めるだけでなく、より優秀な人材を獲得すべく採用にも積極的に関わる必要がある。

さらに、大多数の日本の大企業は、データ・ドリブンなビジネスやデータ利活用などのデータ/アナリティクスの取り組みに強い関心を持っている。しかし、具体的な取り組みや成功基準を明確にできていないのが現状だ。以下の資料では、ガートナーのエキスパートが、データ・ドリブンな組織として成功するために欠かせないリーダーとそのチームの役割を分かりやすく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]