編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

リーダー向け実践ガイド、3ステップで実現するクラウドネイティブアプリケーションデリバリーへの道

SUSEソフトウエアソリューションズジャパン株式会社 2021-08-18

ビジネス環境の変化に機敏に対応するために「クラウドネイティブ」と総称されるような新しいアプリケーションデリバリー手法の採用が進んでいる。この手法を利用すると、より新しい優れた製品をすばやく市場に投入できれば顧客ニーズの変化に迅速に対応できるようになる。また、新しいビジネスチャンスをフル活用し、収益性と市場への浸透率を最大限に高めることもできる。

ただし、クラウドネイティブは一足飛びに実現できるものではない。コンテナやKubernetesといったテクノロジーの導入をはじめ、人や組織、業務プロセスなどの見直しも必要になる。ビジネスリーダーやITリーダーはどのようなステップでクラウドネイティブを実現していけばよいのか。

本資料では「コンテナ、Kubernetes、そしてクラウドネイティブアプリケーションデリバリーへの道」と題し、3つのステップで、新しいアプリケーションデリバリーを実践する方法をガイドしている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]