編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

Microsoft AVDでコスト2割減、ユーザー密度3倍、応答時間6%短縮を実現する方法

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 2021-10-05

仮想デスクトップサービスとしてMicrosoft Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)への関心が高まっている。マイクロソフトが提供するサービスであり、WindowsやAzureとの親和性が高いことが特徴だ。このAVDのパフォーマンスをさらに高める方法がある。Citrix Virtual Apps and Desktops for Azureを組み合わせて利用することだ。第三者機関の調査によると、これにより、仮想マシンのコストを2割減、ユーザー密度を3倍向上、応答時間を6%短縮できる。本資料では、AVDをCitrix Virtual Apps and Desktopsと組み合わせることで、パフォーマンスを向上させ、運用コストを削減する手法を第三者機関の調査結果をもとに、コンパクトにまとめている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]