編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ホワイトペーパー

加速する企業向けデータ分析のクラウドシフト、分析環境として最適だと評価できる5つの根拠

ソートスポット合同会社 2021-12-06

クラウドへの投資が高まる中、これまでオンプレミスでしか活用できないと思われてきたエンタープライズアプリケーションのクラウドシフトも加速している。その1つがBIツールに代表されるエンタープライズ分析のためのソフトウェアだ。企業向けデータ分析は、マーケティング分析やCRM分析といった特定分野のソリューションはクラウドへの移行が進められてきたが、多くの分析ソフトウェアはオンプレミスで運用されてきた。だが、コロナ禍においてデータの生成場所や蓄積場所の大部分がクラウドに移行したことで、データウェアハウス(DWH)とBIツールをセットでクラウド化する事例が増えてきたのだ。本資料では、エンタープライズ分析を行なううえでクラウドが最も適切だと評価できる根拠を「生成場所」「俊敏性」「パフォーマンス」「コンシューマUX」「迅速な革新」という5つの観点から解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]