ホワイトペーパー

AWS?Azure?OCI?自社にあうのはどれ?徹底比較!クラウドベンダーのVMwareオプション

日本オラクル株式会社 2022-07-21

エンタープライズビジネスにおいてIT基盤を運用するITチームでは、今もパフォーマンスが高く、レジリエンスがあるインフラストラクチャを求めている。そしてVMwareのvSphereハイパーバイザは引き続き、その主要な選択肢だ。一方で、さまざまな領域でのクラウド活用の推進により、組織は自社所有データセンターの必要性を重視しなくなった。さらにアプリケーション環境のモダナイゼーションが進む今、いかにITのクラウド化をすすめ柔軟で迅速なビジネス展開を可能にするかは、経営者にとって非常に重要なミッションとなっている。しかし、IT基盤の移行には様々な障害がたちふさがることになる。また運用手法の変化への対応も、言うほど簡単なことではない。そうした中で、手法をできるだけ変えずに自社環境をクラウドに拡大するという、多くの組織が抱えている現実的な問題の解決策として注目されているのが、さまざまなクラウドベンダーが提供するVMware Cloud オプションと言われるサービスだ。これは一言で言ってしまえば、従来のVMware環境を、何かが変わる事なくクラウド上に移植するといったものだ。これは多くの企業にとって非常にありがたいサービスといえるだろう。しかし、ITチームは疑問を持つのではないだろうか。自社にとって最適なVMware Cloudオプションはどれだろうか?
本レポートではAWS、Google Cloud Platform、Oracle Cloud Infrastructure によるVMware Cloud オプションを対象に、様々なテストを実施、その結果や考察をまとめて紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]