編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

マルチクラウド採用のビジネスインパクト-その価値を最大化する3つのポイント

ヴイエムウェア株式会社(VMware Cloudナレッジ) 2022-05-20

これからのビジネスを支える、IT基盤の現実解と言える「クラウド」。
では、なぜクラウドが注目されているのか。それは、不確実性を増す世界において、企業が「将来の変化への対応力」を求めており、IT基盤に俊敏性を求めているからだ。
しかしクラウド環境の俊敏性を最大限に享受するためには、いくつかの条件をクリアする必要がある。はじめに、クラウド運用モデルの確立だ。これは従来のIT運用フレームワークではない、ビジネスとクラウドの戦略を結びつける運用フレームワークの必要性となる。次に、「マルチクラウド」の導入。次代のIT基盤においてクラウドは絶対的な解であるといえる。さらに、その中でもマルチクラウド環境こそが、企業がもとめる要件に最も適した特性をもっている。そして最後にあげるのが、マルチクラウド管理だ。これはメリットが多い反面、運用が複雑化しがちなマルチクラウド環境において、運用管理をいかに最適化できるかということだ。クラウドの価値を最大化し、クラウド変革を成功させるには、これらの3つのポイントを念頭に置いてデジタル・トランスフォーメーション、ITモダナイズを進めていかねばならないのだ。
そこで本資料では、なぜマルチクラウド環境こそが、これからのビジネスに最適と言えるのかという理由から、実際にマルチクラウド環境の運用管理の最適化を実現する手法・アプローチを詳細に解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]