編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

旭化成はいかなる手法でセキュリティを確保し、クラウド利用に最適な次世代WANを構築したのか?

パロアルトネットワークス株式会社 2022-07-11

DXや働き方改革などの波を受けて、多くの企業においてクラウドシフトが急速に進みつつある。しかし一方、そうしたクラウドサービスの利用拡大に伴い、ネットワークの通信帯域がひっ迫するという問題に直面するケースが増え続けているのも事実だ。
日本を代表する総合科学メーカーである旭化成でも、かつて同様の課題に頭を悩ませていた。そこで同社では課題解決に向けて、次世代WANの構築により、各拠点からクラウドサービスへ直接接続するローカルブレイクアウトを目指すことにしたのだった。ただしその際には、境界防御型に代わる新しいセキュリティ対策導入の必要性に迫られた。
そこで旭化成では、新たなセキュリティソリューションを検討した結果、柔軟な構成が可能で運用管理性に優れたパロアルトネットワークスのクラウドセキュリティプラットフォーム「Prisma Access」を導入。その結果、拠点ネットワークからのローカルブレイクアウトを実現してWANの通信品質が大幅に改善するとともに、在宅テレワークでもシームレスにセキュアなインターネットアクセスが利用できるといった効果が得られたのである。その詳細な経緯については本資料にまとめているのでぜひご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]