編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

ホワイトペーパー

既存環境は使えるか、チーム体制や順序は? SASEプロジェクト開始前に考慮すべき5つのポイント

パロアルトネットワークス株式会社 2022-07-11

クラウド環境におけるネットワーキングとセキュリティの融合が進んでいる。背景にあるのはパンデミックとDX(デジタルトランスフォーメーション)の加速だ。個人のWi-Fiやブロードバンド ネットワークを使って、社員が自宅から働くことができる環境を整備するなかで、セキュリティを強化する必要がでてきたのだ。この領域を象徴するのがセキュア アクセス サービス エッジ (SASE)だ。実際、EMA(Enterprise Management Associates)の調査レポートによると、ネットワークのリーダー層ほどSASEへの取り組みに熱心だ。ただSASEプロジェクトを推進するうえでは留意しておきたいポイントもある。
本資料では、SASEプロジェクトの開始前に考慮すべき5つのポイントとして「SASEプロバイダーはシングルベンダーかマルチベンダーか」「プロバイダーは現在使用しているセキュリティツールやSD-WANツールを統合できるか」「SASE製品の設計」「ネットワークチームとセキュリティチームが協力して導入を成功させる方法」「SASEプロジェクトに着手する順序」を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]