編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

既存SAPアプリのクラウド化で失敗しない、最適な移行先がLinuxである10の理由

レッドハット株式会社(SAP) 2022-03-25

「SAP ERP」に代表されるSAPソリューションは、世界中の企業が基幹業務システムとして導入している。多くのメリットを享受する反面、システム管理側にとっては運用面でのハードルが高い。ますます複雑化するシステム要素は、コストの肥大化を招くケースも発生している。また、昨今はコンテナや「Kubernetes」などのクラウドネイティブ技術が急速に成熟してきた。その中で運用負荷・コスト削減を図る方法として、それらを活用して既存のSAPアプリケーションをクラウド上で大規模にモダナイズするという選択を決断する企業が増えている。その理由とは何か?
以下の資料では、SAPワークロードにおけるすべての運用プロセスを最適化する手段として「Red Hat オープンソース・ソリューション」を提案。「ITインフラスト管理チームの運用効率が61%向上、開発者の生産性が32%向上」など、その具体的な10の理由を分かりやすく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]