ホワイトペーパー

従業員一人当たりの生産性低下が年間約56万以上の損失にも!正しいストレスチェックの実践法を知る

株式会社iCARE 2022-12-09

従業員の心や体が不調になれば企業の生産性も低下してしまうことは言うまでもない。では、実際に不調を抱えながら働くことでどれぐらいの損失が生じるかというと、従業員一人当たり年間約56万5千円にも相当するのである。つまり、200人企業の場合には約1億1千万円分の人件費が無駄になっているというわけだ。
従業員が健康に働くための組織改善のかなめとなるのが、ストレスチェックである。複雑な業務を円滑かつ効果的に実施するためにさまざまな企業でストレスチェックサービスが活用されている。ただし、ストレスチェックの実施自体が社内の負担となってしまい、業務に支障を出さないようにすることも大切だ。つまり、ストレスチェックを組織で浸透させるには、自社のフェーズにあったツール選定が必要となってくるのである。
そこで本資料では、ストレスチェックを取り入れるに当たって抑えておくべき知識や、自社のニーズに応じたストレスチェックツールの選び方、さらには職場改善につながる健康管理システムなどについて詳しく解説している。ストレスチェックの活用で組織改善を果たした事例も紹介しているので、ぜひお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]