ホワイトペーパー

攻撃の足がかりになる管理者アカウントの制御がカギ、エンドポイントセキュリティの新常識を知る

CyberArk Software株式会社 / エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 2022-12-26

サイバー攻撃は多くはエンドポイントが起点になっている。攻撃者は、エンドポイントにフィッシングやマルウェアを仕掛けて侵入した後、一般ユーザーよりも強力な権限を持つ管理者アカウント(特権アカウント)の奪取を試みる。いったんエンドポイントで足がかりを築くと、ネットワークを水平移動してさらに価値の高い標的を探し出し、社内の様々なシステムやユーザー、デバイスのアカウントを悪用して、セキュリティのための構成を無効化するなどして身を隠しながら、個人情報や機密情報を盗み出す。特権アカウントが奪取されれば、それ以降の行為についての不正の判別・検知は極めて困難だ。こうしたサイバー攻撃にどう対抗していけばいいのか。本資料では、攻撃の足がかりになる管理者アカウントの制御を中心に、企業が知るべきエンドポイントセキュリティの新常識を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    風向きが変わった「Microsoft 365」のデータ保護戦略、最適なバックアップ対策の進め方

  2. セキュリティ

    2023年のサイバー脅威予測!注目すべき新たな攻撃トレンド「CaaS」という恐るべきビジネスモデル

  3. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  4. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  5. 経営

    「脱PPAP」で三井ホームが導入、先進機能が統合されたメールセキュリティ対策とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]