ホワイトペーパー

ソリューション構成例から理解する、VMware仮想化基盤によるクラウド活用の8つのポイント

NTTコミュニケーションズ株式会社(VMware Cloudナレッジ) 2023-06-23

VMware仮想化基盤はオンプレミスでの利用はもちろん、クラウドサービス事業者が提供するVMware仮想化基盤のマネージドサービスとして利用することができる。既存環境をデータやシステムの変換の手間なくクラウドに移行できるため、企業にとっては利用しやすいサービスだ。また、VMwareクラウド基盤を活用すると、バックアップやDR、セキュリティの高度化も可能だ。例えば、東西2リージョンでの冗長によるBCP構成、オンプレミス環境との併用によるハイブリッドクラウド構成、クラウド型セキュリティサービスを活用したSASE構成などだ。本資料では、NTTコミュニケーションズが提供するクラウ ドサービスのメニューである「IaaS Powered by VMware」が提供する8つのソリューション構成例をもとに、ユーザーが抱えやすい「システム利用ユーザーからの要望に柔軟に応えたい」「稼動中のシステムをトラブルなく維持したい」「社外のクラウドサービスへセキュアにアクセスしたい」などの課題を解決する方法をアドバイスする。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]