ホワイトペーパー

今こそ構築すべきハイブリッドワーク環境に必須「Azure Virtual Desktop」運用の要点

日本ビジネスシステムズ株式会社 2024-02-14

デスクトップの仮想化サービス「Azure Virtual Desktop」が、オフィスワークとリモートワークの両方を実現するハイブリッド環境構築のために有効であると多くの企業が認識している。ハイブリッド環境ではWeb会議において膨大な画像や音声データを扱うなど、ネットワークやCPU、メモリなどのリソース消費量が多くなる。また、セキュリティの考え方も従来の境界型防御ではなくゼロトラストモデルを採用する必要がある。こうした課題を解決するのがAzure Virtual Desktopである。
この資料では、Azure Virtual Desktopを効果的に運用するための3つの要点として、「キャパシティ管理」「セキュリティ対策」「運用の効率化」 を挙げ、それぞれを掘り下げて説明している。トラブルを効率的に解決するツールの存在や定型業務の自動化など、ユーザーの悩みを解決するさまざまな情報を盛り込んでいる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]