ホワイトペーパー

セキュアなハイブリッドワークに最適「Azure Virtual Desktop」導入前3つのポイント

日本ビジネスシステムズ株式会社 2024-02-14

コロナ禍が収束した後も、今後新たな感染症や自然災害の発生に備えて、オフィスワークとリモートワークの両方を実現するハイブリッド環境の用意が求められている。海外への事業展開やBCP対策の観点も含めると、その需要は大きい。実現するために期待されているのがクラウドVDI「Azure Virtual Desktop」である。
この資料ではAzure Virtual Desktopの導入メリットを踏まえた上で、業種や業務別に適切なアプリケーションの配信、フルクラウドのゼロトラスト型セキュリティ環境の構築などのユースケースを紹介する。さらに、検討するべきポイントとして「利用料金の見積もり方法」「電源管理と課金運用」「セキュリティ」という3つを挙げ、導入を考える企業が最も知りたい情報を提供している

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]