ホワイトペーパー

ランサムウェア攻撃を受けた企業の割合は66%に…グローバルな調査結果を専門家が紐解く

ソフォス株式会社/萩原テクノソリューションズ株式会社 2023-11-08

ここ数年でサイバー攻撃者は、サービスとしてランサムウェアを展開するビジネスモデルを開発し、発展させてきた。この運用モデルにより、ランサムウェア攻撃に参入するハードルが低くなった一方で、攻撃の各段階における専門化が進んだことから攻撃手法はさらに高度化してしまったのである。2023年の調査においても、ランサムウェア攻撃を受けた企業・組織の割合は依然として高く、66%にも及んでいる。いまやランサムウェアは、売上高、地域、業界に関係なく、あらゆる組織にとって大きな脅威となっているのだ。

このような背景を受けて本資料では、世界14か国のIT/サイバーセキュリティリーダー3,000人を対象に、2023年1月から3月に独立した調査会社が実施した調査から得られた結果と考察について解説している。ランサムウェアの現状を把握し、自社に最適な対策を施すために大いに役立てていただければ幸いだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]