ホワイトペーパー

VDIのデメリットを克服!様々な業務シーンを高速・シンプル・安全にする「次世代のクライアント仮想化」

株式会社ソリトンシステムズ(ネットワーク) 2024-06-17

仮想クライアントの画面を転送する方式(VDI・SBCなど)を中心に、あらゆる場所で安全に作業する手法として選ばれてきたクライアント仮想化ソリューション。現在もテレワークやモバイルワーク、あるいは社内の重要情報をインターネット脅威から隔離するインターネット分離(ネットワーク分離)などのシーンで高いニーズがあるが、働く環境の変化とともに、従来ソリューションの課題を解消する新たなクライアント仮想化方式にも注目が集まっている。
テレワークやインターネット分離のために、物理的な機器の追加を決断した企業、あるいはVDIなどの画面転送を利用したソリューションを導入した企業では、コストや運用の面で負担を感じているなど課題が顕在化している。それらをまとめて解決できる可能性を秘めているのが、大掛かりなシステムの導入を必要としない「端末内仮想化ソリューション」だ。
本資料では、その技術的な特長とメリットを解説するとともに、具体的なユースケースを紹介している。「VDIなどのクライアント仮想化ツールの導入・運用コストが高く付くのは仕方ない」と諦めている担当者は、ぜひ参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]