ホワイトペーパー

簡単ではないSASE導入--ビジョンから構成要素、防御方法、成功する7ステップまでを徹底解説

Netskope Japan株式会社 2024-05-30

テレワークやクラウドの利用が広まるなか、企業はシステム環境の複雑化や管理工数の増加、新しいセキュリティリスクへの対応といった新しい課題に直面するようになった。こうした課題に対応できるアプローチとして採用が進んでいるのがSASE(Secure Access Service Edge)だ。SASEは、ネットワークとセキュリティを統合してシステムを一元化し、クラウドによるビジネス上の利益と利便性の向上を実現するアーキテクチャだ。しかし、SASEの導入は簡単ではない。SASEの構成要素である次世代セキュアWebゲートウェイ(NGSWG)やクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、ゼロトラストの原則などを踏まえた取り組みが必要だ。
本資料では、SASEのビジョンから、NGSWGの重要性、従業員やデータ、アプリケーションを攻撃から保護する方法、SASEを実現するための7つのステップまでを徹底解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]