スターティア、電子書籍販売システムの決済に、SBIベリトランスのクレジットカード決済システムを採用 -10月発売の電子書籍販売システムの決済システムより開始予定

スターティア株式会社 2006年10月19日

スターティア株式会社(東京都新宿区 代表取締役 本郷秀之 証券コード3393)は、電子書籍販売に関して、オンライン決済ソリューションを提供するSBIベリトランス株式会社(東京都港区 代表取締役 沖田貴史)の決済システムを採用すると発表した。

(報道関係資料)

スターティア、電子書籍販売システムの決済に、SBIベリトランスのクレジットカード決済システムを採用
-10月発売の電子書籍販売システムの決済システムより開始予定

 スターティア株式会社(東京都新宿区 代表取締役 本郷秀之 証券コード3393)は、電子書籍販売に関して、オンライン決済ソリューションを提供するSBIベリトランス株式会社(東京都港区 代表取締役 沖田貴史)の決済システムを採用すると発表した。
 本件では、まず10月より販売予定の電子書籍販売システム『Digit@Link WisdomStation』(デジタリンク ウィズダムステーション)の決済システムのオプションとして採用を予定している。
 本採用により、24時間365日、お客様が安心して買い物をお楽しみいただける、安全で信頼性の高いクレジットカード決済システムを容易に利用できるようになる。
 また、今後スターティアが新たに立ち上げる電子書籍のサービスでも導入を検討していく方針。

 『Digit@Link WisdomStation』はDRM(Digital Rights Management:電子著作権管理)システムとダウンロード販売システムを組み合わせたサービス。
 通常、1から構築した場合、数千万円以上かかるシステムを、パッケージ化することにより、初期200万円での導入が可能で、今まで電子書籍書店経由でしか電子書籍を販売できなかった中小の出版社でも自社で電子書籍販売のインターネットショップを運営できるようになる。
 また、スターティアが販売をしている電子ブック作成ソフト『ActiBook』(アクティブック)と組み合わせることで、単なる電子書籍販売だけなく、電子書籍図書館、オンライン書店での書籍到着までの間のみ閲覧可能な電子ブック提供、連載記事のみを集めた電子切抜きサービス、書籍購入者限定の追加コンテンツプレゼントサービス等、様々なサービスの提供が可能になる。

関連サイト: (リンク »)

【スターティア株式会社について】
東京都新宿区に拠点を置く、通信機器販売会社。オフィスのインフラを総合的に提案するワンストップシステムを採用し、中小企業のオフィスをトータルプロデュースする。2005年12月東証マザーズ上場。
電子ブック作成ソフトの販売には、2005年7月より本格参入を開始。約1年で100社以上の出版社に導入。


【本件に関するお問い合わせ】
スターティア株式会社
経営戦略室 電子書籍担当
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11 日廣ビル 2階
Tel 03-5339-2101 FAX 03-5339-2102
e-mail:info@startia.co.jp
URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

スターティア株式会社の関連情報

スターティア株式会社

スターティア株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!