推移するターゲット:コンテンツ配給元を狙うDRMベンダ

株式会社データリソース 2006年05月08日

米国の調査会社ABIリサーチの調査レポートは、ダウンロード可能なCASとDRMの登場と、これらの新興技術を利用するトップベンダとサプライのポジショニングを記載している。

ニューヨーク州オイスターベイ、2006年4月26日
過去数年間は、デジタル権利管理(DRM)システムのベンダのマーケティング対象は、ビデオ配信の市場参入を試みている通信会社などのサービスプロバイダだった。かつてこの戦略は的を射ていると考えられていたが、結局大半の地域では、従来の主要なビデオエンターテインメント配信業者であったケーブルと衛星のオペレータが、通信経由のTVをめぐって激しい闘いを繰広げて来た。

現在、ベンダが再びターゲットを変えつつあると米国の調査会社ABIリサーチは報告している。ビデオ配信の次の未開拓分野は、ブロードバンドとインターネット経由の統合メディアの配信だと、同社のブロードバンドとマルチメディア調査の取締役のVamsi Sistla氏は言う。

何が起こったのだろうか? コンテンツを所有しているハリウッドの映画会社とTVネットワークは、オンライン配信チャンネルに集中している。ESPNは、オンラインとモバイルプラットフォーム経由で様々なコンテンツを提供している。CBSとNBCはGoogle Video経由、ABCはAppleのiTunes経由でコンテンツを提供している。他の企業もそれに習っている。オンラインとポータブル配信は、短期間に通信市場と同じぐらい重要なものとなった。

この結果、多くのDRMベンダが打撃を受けた。モデルが異なるため、DRMベンダは既存のベンダに、ずっと厳しい闘いを強いられるだろう。たとえば、Microsoftは小規模の新興プレーヤーの強力なライバルになる。

「DRMベンダはマーケティングのイニシアチブを一新して、サービスプロバイダではなくコンテンツ業界を直接ターゲットにする必要がある。DRMベンダは常に食物連鎖の底辺にいた。だが多くのベンダがパラダイムシフトに気づき、ターゲットを移行している」とSistla氏は言う。

このターゲットの移行はWidevineやNDSなどの企業に見られる。たとえばWidevineは、最近Ciscoから投資を受け入れた。Ciscoはエンターテインメントコンテンツを所有していないが、その代わりDisneyのビデオオンデマンドサービス、MovieBeamに投資した。また、STBメーカーのScientific AtlantaとKiss Technologiesを買収した。「Widevineは戦略的関係や投資金を利用できるだけでなく、オンラインやポータブルプラットフォームでMicrosoftやAppleなどの大企業と対等に闘うことができる」とSistlaは指摘している。

ABIリサーチの調査レポート「CATV、DBS、IPTVプラットフォームにおける限定受信とDRM:ダウンロード可能なCAS、OCAP、SVP、DRMの影響」は、ダウンロード可能なCASとDRMの登場と、これらの新興技術を利用するトップベンダとサプライのポジショニングを記載している。この調査レポートは、ABIリサーチの3つの年間サービス「デジタルメディア配信と管理」、「IPネットワーキング年間リサーチサービス」、「IPビデオ年間リサーチサービス」の一環として提供されている。それぞれのサービスには、調査レポート、定期的に更新されるクオータリーレポート、ベンダーマトリックス、市場の最新情報をブリーフィングする「Insights」、アナリストへの質問時間が含まれる。

ニューヨーク州オイスターベイ、2006年4月26日
過去数年間は、デジタル権利管理(DRM)システムのベンダのマーケティング対象は、ビデオ配信の市場参入を試みている通信会社などのサービスプロバイダだった。かつてこの戦略は的を射ていると考えられていたが、結局大半の地域では、従来の主要なビデオエンターテインメント配信業者であったケーブルと衛星のオペレータが、通信経由のTVをめぐって激しい闘いを繰広げて来た。

現在、ベンダが再びターゲットを変えつつあると米国の調査会社ABIリサーチは報告している。ビデオ配信の次の未開拓分野は、ブロードバンドとインターネット経由の統合メディアの配信だと、同社のブロードバンドとマルチメディア調査の取締役のVamsi Sistla氏は言う。

何が起こったのだろうか? コンテンツを所有しているハリウッドの映画会社とTVネットワークは、オンライン配信チャンネルに集中している。ESPNは、オンラインとモバイルプラットフォーム経由で様々なコンテンツを提供している。CBSとNBCはGoogle Video経由、ABCはAppleのiTunes経由でコンテンツを提供している。他の企業もそれに習っている。オンラインとポータブル配信は、短期間に通信市場と同じぐらい重要なものとなった。

この結果、多くのDRMベンダが打撃を受けた。モデルが異なるため、DRMベンダは既存のベンダに、ずっと厳しい闘いを強いられるだろう。たとえば、Microsoftは小規模の新興プレーヤーの強力なライバルになる。

「DRMベンダはマーケティングのイニシアチブを一新して、サービスプロバイダではなくコンテンツ業界を直接ターゲットにする必要がある。DRMベンダは常に食物連鎖の底辺にいた。だが多くのベンダがパラダイムシフトに気づき、ターゲットを移行している」とSistla氏は言う。

このターゲットの移行はWidevineやNDSなどの企業に見られる。たとえばWidevineは、最近Ciscoから投資を受け入れた。Ciscoはエンターテインメントコンテンツを所有していないが、その代わりDisneyのビデオオンデマンドサービス、MovieBeamに投資した。また、STBメーカーのScientific AtlantaとKiss Technologiesを買収した。「Widevineは戦略的関係や投資金を利用できるだけでなく、オンラインやポータブルプラットフォームでMicrosoftやAppleなどの大企業と対等に闘うことができる」とSistlaは指摘している。

ABIリサーチの調査レポート「CATV、DBS、IPTVプラットフォームにおける限定受信とDRM:ダウンロード可能なCAS、OCAP、SVP、DRMの影響」は、ダウンロード可能なCASとDRMの登場と、これらの新興技術を利用するトップベンダとサプライのポジショニングを記載している。この調査レポートは、ABIリサーチの3つの年間サービス「デジタルメディア配信と管理」、「IPネットワーキング年間リサーチサービス」、「IPビデオ年間リサーチサービス」の一環として提供されている。それぞれのサービスには、調査レポート、定期的に更新されるクオータリーレポート、ベンダーマトリックス、市場の最新情報をブリーフィングする「Insights」、アナリストへの質問時間が含まれる。

ニューヨーク州オイスターベイ、2006年4月26日
過去数年間は、デジタル権利管理(DRM)システムのベンダのマーケティング対象は、ビデオ配信の市場参入を試みている通信会社などのサービスプロバイダだった。かつてこの戦略は的を射ていると考えられていたが、結局大半の地域では、従来の主要なビデオエンターテインメント配信業者であったケーブルと衛星のオペレータが、通信経由のTVをめぐって激しい闘いを繰広げて来た。

現在、ベンダが再びターゲットを変えつつあると米国の調査会社ABIリサーチは報告している。ビデオ配信の次の未開拓分野は、ブロードバンドとインターネット経由の統合メディアの配信だと、同社のブロードバンドとマルチメディア調査の取締役のVamsi Sistla氏は言う。

何が起こったのだろうか? コンテンツを所有しているハリウッドの映画会社とTVネットワークは、オンライン配信チャンネルに集中している。ESPNは、オンラインとモバイルプラットフォーム経由で様々なコンテンツを提供している。CBSとNBCはGoogle Video経由、ABCはAppleのiTunes経由でコンテンツを提供している。他の企業もそれに習っている。オンラインとポータブル配信は、短期間に通信市場と同じぐらい重要なものとなった。

この結果、多くのDRMベンダが打撃を受けた。モデルが異なるため、DRMベンダは既存のベンダに、ずっと厳しい闘いを強いられるだろう。たとえば、Microsoftは小規模の新興プレーヤーの強力なライバルになる。

「DRMベンダはマーケティングのイニシアチブを一新して、サービスプロバイダではなくコンテンツ業界を直接ターゲットにする必要がある。DRMベンダは常に食物連鎖の底辺にいた。だが多くのベンダがパラダイムシフトに気づき、ターゲットを移行している」とSistla氏は言う。

このターゲットの移行はWidevineやNDSなどの企業に見られる。たとえばWidevineは、最近Ciscoから投資を受け入れた。Ciscoはエンターテインメントコンテンツを所有していないが、その代わりDisneyのビデオオンデマンドサービス、MovieBeamに投資した。また、STBメーカーのScientific AtlantaとKiss Technologiesを買収した。「Widevineは戦略的関係や投資金を利用できるだけでなく、オンラインやポータブルプラットフォームでMicrosoftやAppleなどの大企業と対等に闘うことができる」とSistlaは指摘している。

ABIリサーチの調査レポート「CATV、DBS、IPTVプラットフォームにおける限定受信とDRM:ダウンロード可能なCAS、OCAP、SVP、DRMの影響」は、ダウンロード可能なCASとDRMの登場と、これらの新興技術を利用するトップベンダとサプライのポジショニングを記載している。この調査レポートは、ABIリサーチの3つの年間サービス「デジタルメディア配信と管理」、「IPネットワーキング年間リサーチサービス」、「IPビデオ年間リサーチサービス」の一環として提供されている。それぞれのサービスには、調査レポート、定期的に更新されるクオータリーレポート、ベンダーマトリックス、市場の最新情報をブリーフィングする「Insights」、アナリストへの質問時間が含まれる。


◆調査レポート
CATV、DBS、IPTVプラットフォームにおける限定受信とDRM:ダウンロード可能なCAS、OCAP、SVP、DRMの影響
(リンク »)

◆米国 ABI リサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR