世界のモバイルゲーム市場の収益は2006年の30億ドルから2011年の約170億ドルへ

株式会社データリソース 2006年06月26日

モバイルゲームの加入者数とダウンロード数は今後5年間成長を続け、世界市場における収益は2006年の31億ドルから2011年には176億ドルに達し、今後6年間の収益の累積はほぼ570億ドルとなるとジュニパーリサーチ社では予測している。

モバイルゲームの加入者数とダウンロード数は今後5年間成長を続け、世界市場における収益は2006年の31億ドルから2011年には176億ドルに達するだろうと英国の調査会社ジュニパーリサーチ社は報告する。今後6年間の収益の累積はほぼ570億ドルとなるだろう。

モバイルゲーム市場が始まって以来、アジア太平洋地域がシェアの大半を占めており、日本と韓国の市場が最先進地域である。2006年から2011年の収益の累積は、アジア太平洋が38%、ヨーロッパが31%、北米が22%、その他が9%である。

ジュニパーリサーチ社の調査レポートは、ゲーム専用機やパソコンゲームとは関係なく、モバイルゲーム市場はまさに最盛期であるとしている。モバイルゲームはそれぞれの特徴を生かしたゲームを提供しており、技術の発展が需要の高まりを満たしている。

電子ゲームとエンターテインメント産業がモバイルゲームの人気を幅広くうけいれることによって、この成長傾向は続くだろう。

最先端のゲーム技術は3Dやマルチプレーヤーゲームに焦点を合わせているが、カジュアルゲーム(軽いゲームやパズルなど)が最も大きく成長するだろう。また、女性のゲーム愛好者が増え、性別によるバランスはより均等に近づくだろう。

ジュニパーリサーチ社のディレクターBruce Gibson氏は、「モバイルゲーム産業がついにアイデンティティを見つけた、そしてそれは非常に強い」と語る。モバイルエンターテインメントを求める需要があり、ゲームはまさにその中心にある。

カジュアルゲームは市場を牽引するだろう。技術的には主導的ではないかもしれないが、モバイルプラットフォームの特徴を生かしている。人々は簡単でおもしろいゲームで暇な時間を満たしたがっている。「これはほとんどあらゆる文化で普遍の事実である。」

レポート目次
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
モバイルゲーム市場調査 第3版:2006-2011年までの加入者およびダウンロード数予測
Mobile Games
Subscription & Download, 2006-2011 (Third Edition)
(リンク »)

ジュニパーリサーチ社 (Juniper Research)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR