2008年以降に成長を始める中国の固定と無線の統合

株式会社データリソース 2006年10月17日

米国の調査会社インスタット社が発表した予測によると、中国の固定通信と無線通信の統合市場(FMC)は、当初は伸び悩むが、2008年から2010年の間に3Gサービスが始まると急速に成長し始め、また2005年には約40万だった一般消費者のFMC加入者が、2010年には1140万まで増加するという。

中国の固定通信と無線通信の統合市場(FMC)は、当初は伸び悩むが、2008年から2010年の間に3Gサービスが始まると急速に成長し始めるだろうと、米国の調査会社インスタット社は報告する。2005年には約40万だった一般消費者のFMC加入者が、2010年には1140万まで増加するだろう。FMCには、帯域幅とレートにかかわらず、どんな端末でも、どこでも、いつでもネットワークにアクセスすることができるという、通信ネットワークとクライアントデバイスの間をつなぐ機能がある。

「中国での統合化は、2005年から2008年にかけて、主に狭帯域幅音声において始まるだろう。そして2008年から2010年には、ブロードバンド音声とデータがFMC市場の主流となり、2010年以降にはマルチメディアコンテンツの統合も始まるだろう」と、インスタット社のアナリストKevin Li氏は語る。

インスタット社は以下についても調査した。

■ 中国のビジネス市場に関しては、FMC加入者合計は2005年の40万から2010年には560万に増えるだろう
■ FMCはサービスとネットワークの統合を意味するだけではなく、管理における再構築を意味する。4社の中国キャリヤが、FMCの開発において、部署間の争いが大きな障害になるということを認めている

インスタット社の調査レポート「中国のFMC市場調査:普及の道程と2010年までの加入者予測 - In-Depth Analysis: FMC in China: A Long Way to Go」は、中国のFMC(Fixed Mobile Convergence )市場を調査した。2010年までの、消費者市場とビジネス市場におけるFMC加入者数予測、FMCの詳細な分類、市場牽引要因と障害の分析、中国のFMC市場における3つの発展段階、主要なベンダのプロフィールについて記述している。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
中国のFMC市場調査:普及の道程と2010年までの加入者予測
In-Depth Analysis: FMC in China: A Long Way to Go
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!