WiMAXとHSDPAの比較動向分析レポートをロアグループ社が出版

株式会社データリソース 2005年10月11日

ロアグループ社はWiMAXとHSDPAについて幅広く調査・分析した調査レポートの出版を発表しました。

韓国、中国、そして日本に拠点を置き、世界の移動体市場を調査するロアグループ社は、 WiMAXとHSDPAについて幅広く調査・分析した調査レポート「WiMAX とHSDPAの比較動向分析 - 果たして競合か連携か?」の出版を発表しました。

ロアグループ社では、レポートの出版にあたりWiMAXとHSDPAを取り巻く無線市場について次のように述べています。

- 現在の通信市場に提供されている固定無線技術といえば、Wi-FiのようなWLANやBluetoothに代表されるWPANが存在するが、どれも提供する通信速度は10Mbps- 50Mbpsを出力することができるが、通信エリアが非常に狭いという仕様であった。

- W-CDMAやCDMA2000等の現行の3G移動体通信技術の場合、通信可能エリアがWLANやWPANとは異なり非常に広範囲なエリアをカバーすることが可能で、PDCのような先代の2G移動体通信技術に比べて通信速度や音声品質が大幅に向上されたが、通信速度が最高でも384kbps程度なため、大容量データ通信には不向きの仕様である。

- 現在のところ、HSDPAがまだ商用サービス化されていないため、HSUPAを今後採用していく意向を示している通信事業者は少なくないが、HSUPAの実証実験や研究開発を行っている通信事業者はまだ数少ない。4Gへの移行が2010年を目処としているため、その前の2007年度中には標準化作業も完了し実用化される見通しである。

「WiMAX とHSDPAの比較動向分析 - 果たして競合か連携か?」レポートでは、WiMAXとHSDPAの解説と比較分析を行っています。またWiMAXとHSDPA、各々の導入を計画している通信事業者の戦略とビジネスモデルも含まれています。更に、固定無線通信と移動体通信、2つの通信技術については、IEEE802.16eやW-CDMAなど、方式別に概略が掲載されています。


◆調査レポート
WiMAX とHSDPAの比較動向分析
果たして競合か連携か?
(リンク »)

◆ロアグループ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR