発展途上国市場向けの超低価格携帯電話

株式会社データリソース 2005年10月25日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。 11月出版予定です。

ABIリサーチの調査レポート「発展途上国市場向けの超低価格携帯電話:発展途上国向け製品の半導体、端末、オペレータ」は、超低価格(ULC)無線通信市場についての最新情報を記載している。世界、特に発展途上国で、今後3億人のユーザを獲得するために必要な促進要因を分析し、高額な携帯電話の価格を下げるためのGSM Associationのイニシアチブを考察している。また現在販売されている最低価格の端末の部品表を考察し、価格を30ドル以下まで下げるために必要な要因を説明している。
これらの各国で潜在的な加入者がどのような端末を必要としているか、半導体や端末ベンダが利益の低いセグメントをターゲットにする理由などを論考している。上位6社のベンダの半導体のアーキテクチャ、シングルチップ、SiP(System in Package)等、必要な技術を記載している。上位5社の端末ベンダの戦略とビジネスモデル、無線端末の好調な黒字市場について説明している。
利用料金の低減を可能にする8PSK変調方式による音声およびAMRによるハーフレート等の技術が記載されている。また、政府と課税の役割を考察し、輸入税、消費税、通信工事費、そしてそれらがULC等の初期市場をいかに抑制するかについて記載している。

◆調査レポート
発展途上国市場向けの超低価格携帯電話
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR