かつてのCCDsのようにカメラ付き携帯電話が加速するCMOS市場

株式会社データリソース 2005年11月02日

米国の調査会社インスタット社の報告によると、カメラ付き携帯電話市場の急成長によって、2003年から2004年の一年間でCMOSイメージセンサの出荷台数が倍増したという。

当然のことながら、2004年、CMOS (Complementary Metal Oxide Semiconductor) イメージセンサの出荷数はCCD (Charge-Coupled Devices) を抜いた。カメラ付き携帯電話市場の急成長によって、2003年から2004年には倍増したとインスタット社は報告する。

「2003年以来、カメラ付き携帯電話はイメージセンサの唯一最大のアプリケーションである。かつて日本のハイエンド製品であったカメラ付き携帯電話はいまや世界的な製品となった」とインスタット社のアナリストBrian O'Rourke氏は語る。

インスタット社の調査レポートは以下について調査した。
- CMOSがCCDsを上回ったものの、CCDsは消え去るわけではない。デジタルスチールカメラ、防犯カメラ、カムコーダなどの多くのカメラアプリケーションにおいて、かなりのシェアを維持するだろう

- CMOSセンサはまた、他のカメラ市場にローエンドデジタルスチールカメラやウェブカメラなどの利用が見込まれている

- CMOSのシェアの急増にもかかわらず、デジタルスチールカメラ、防犯カメラなどの市場では依然としてCCDの占める割合が高く、平均販売価格(ASP)も高いので、2005年までのCMOSの収益はCCDの収益を下回るだろう

インスタット社の調査レポート「イメージセンサ2005:2004年のCCD市場のようにカメラ付き携帯電話がCMOS市場を加速する - Image Sensors 2005: Camera Phones Drive CMOS Past CCDs in 2004」は、イメージセンサ市場をカバーし、出荷数と収益をアプリケーション毎のCCD、CMOS、CIS市場シェアを、2009年までの年毎に予測数値を提供する。世界をリードするイメージセンササプライヤのプロファイルも提供する。


◆調査レポート
イメージセンサ2005:2004年のCCD市場のようにカメラ付き携帯電話がCMOS市場を加速する
Image Sensors 2005: Camera Phones Drive CMOS Past CCDs in 2004
(リンク »)

◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR