企業情報サイト調査2005 結果発表

“企業の顔”の評価はキリンビールが2年連続首位

株式会社日本ブランド戦略研究所 2005年12月05日

日本ブランド戦略研究所調べ -企業情報サイト調査2005(2005年10月実施)より- “企業の顔”の評価はキリンビールが2年連続首位 業種別では食品・飲料が高く、建設・不動産が最下位 企業Webサイトユーザーはビジュアルよりも内容を重視

日本ブランド戦略研究所(本社:東京都港区、代表者:榛沢明浩)は、
有力250社の企業情報サイトを評価する調査「企業情報サイト調査2005」の
結果を発表した。この調査は企業Webサイトユーザーが実際にその企業の
Webサイトを閲覧し評価するもので、今回が2回目の調査となる。
(インターネット調査、2005年10月実施、回収数12,600通)

調査の結果、最も高い評価を得たのはキリンビールで、昨年に引き続き2年
連続首位となった。業種別では、食品・飲料がトップ10に7社ランクインする
など高い評価を得た。逆に建設・不動産は全13業種中最下位、金融も12位と
昨年に引き続き低い評価にとどまった。

【企業情報サイト調査2005 総合ランキング】
<順位>  <企業名>      <業種>    <偏差値>
1   キリンビール   食品・飲料    78.38
2   アサヒ飲料    食品・飲料    76.09
3   アサヒビール   食品・飲料    75.53
4   サントリー    食品・飲料    74.15
5   キリンビバレッジ 食品・飲料    72.37
6   日産自動車    機械・輸送機器  71.88
7   サッポロビール  食品・飲料    69.83
8   花王       化学・医薬品   67.91
9   ローソン     流通・飲食店   67.64
10   味の素      食品・飲料    67.27

この調査では、企業情報サイトが企業ブランド力の向上にどれだけ貢献して
いるかも分析している。例えば、企業情報サイトを閲覧後に被験者が抱いた
企業好感度は調査対象250社平均で21.9%であったが、これは企業情報サイトを
閲覧しない人の企業好感度の平均15.3%を6.6ポイントも上回るものであった。

閲覧者が抱いたイメージが企業情報サイトの評価にどのように影響しているか
という点では、「興味がわく」、「情報が新しい」、「役に立つ」など内容面
の影響が、「図やイラストがわかりやすい」、「文字の配置や大きさ」など
デザイン・ビジュアル面での影響より大きいことが明らかになった。
企業Webサイトユーザーからの評価を高めるためには、“情報が新しく”かつ
“役に立つ”企業情報サイトを構築することが重要といえるであろう。

本調査の詳細は、 (リンク ») に掲載中。

【本調査に関するお問合せ】
株式会社日本ブランド戦略研究所 担当:高田
e-mail:info@japanbrand.jp
〒107-0062 東京都港区南青山2-22-18 TYビル5F
TEL:03-5412-8671 FAX:03-3408-0654
URL: (リンク »)

用語解説

「企業情報サイト調査2005」とは
日本ブランド戦略研究所が、日本の有力企業250社を対象にその企
業に関する情報(企業情報サイト)を消費者視点で評価する年1回
の定期調査。
今年10月中旬に調査を実施し、12月上旬に結果の1部を発表予定。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日本ブランド戦略研究所の関連情報

株式会社日本ブランド戦略研究所

株式会社日本ブランド戦略研究所の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!