2009年まで毎年約10億ドルの成長が見込まれるアジアのVoIPサービス

株式会社データリソース 2005年12月06日

米国の調査会社インスタット社では、アジアのVoIPサービス市場は2004年の総収益約55億USドルから2009年には約100億USドルを上回るほどに、力強く成長し続けると予測している。

アジアのVoIPサービス市場は、2004年の総収益約55億USドルから2009年には約100億USドルを上回るほどに、力強く成長し続けるだろうとインスタット社は予測している。現在のところ、従来のPSTN端末かフルIPローカルループのいずれかに発する長距離通信は、IPバックボーンを通って受信側のローカルネットワークに送られるため、アジアではまとまったVoIPビジネスを生み出しており、2004年の収益の85.4%を占めるとインスタット社は報告している。

「対照的に市内通信へのVoIPサービスの導入は、各国の規制による障害や既存企業の独占によって遅れている。それでも日本では、Yahoo!BBなどの競争力のあるサービスプロバイダが、いかにして規制の弱点をついて新しいサービスを作り出すための技術に投資し、顧客にアピールするかという道筋を示した」とインスタット社のアナリストVictor Liu氏は語る。

インスタット社の調査レポートは以下についても述べている。

- 2004年、アジア全体で市内通信VoIPは870万回線だった

- 規制当局にとって困難なことではあるが、ベンダが将来の成功のためにVoIPに投資でき、順調な市場発展を促すように、速やかに決定をしなければならない。

- 日本、韓国、香港、シンガポールでは、市外通話の多くが既にIPプラットホームに移行した

インスタット社の調査レポート「アジアのIP電話サービス調査 - VoIP Services in Asia」は、アジアのVoIP市場をカバーしている。VoIP加入者数、通話時間(分)、通話料金、2009年までの主要な国/地域別の収益を予測している。また、オーストラリア、香港、日本、タイ、台湾、韓国、中国というアジアの主要なVoIP市場を分析している。


◆調査レポート
アジアのIP電話サービス調査
VoIP Services in Asia
(リンク »)

◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR