RFIDタグは今後5年で爆発的成長

株式会社データリソース 2006年01月24日

米国の調査会社インスタット社では、2005年に13億以上が製造されたRFIDタグは、2010年までに330億まで飛躍的に増加すると予測している。

2005年に13億以上のRFIDタグ (Radio Frequency Identification) が製造され、2010年までには330億と飛躍的に伸びるだろうと米国調査会社インスタット社は報告する。今後数年間は、産業分野による生産量のばらつきが大きいだろう。例えば自動車分野では、1991年以来1億5000万ユニットが現在使用中であり、他のセグメントをはるかに上回っている。

「来年、最大のRFIDセグメントとなるのはサプライチェーンマネジメントだろう。2005年から2010年にかけて、世界の最も大きい小売業者Wal-Martが100社のサプライヤ(最近300社に増えた)に対してRFIDタグ/ラベルの使用を要請するために、非常に大きな成長が見込まれる」とインスタット社のアナリストAllen Nogee氏は言う。

インスタット社の調査レポートは以下についても述べている。
- RFIDの普及と利用はRFIDタグの費用に左右されるが、RFIDタグ/ラベルの価格はすぐに下落するだろう
- 製薬会社は、偽物と闇市場での販売を抑えるのにRFIDタグを使用することを検討している
- RFIDの多くの用途に関してプライバシー問題が提起され、現在世界中の法廷と政府が、関連する法的な問題を検討している

インスタット社の調査レポート「RFIDタグとチップ :次世代ビジネスの将来性」は、RFIDタグの製造数とタグ販売による収益を家畜、ペット、人間、カートン/サプライチェーン利用、製薬業、大型航空コンテナ、貨物トラッキング、一般商品、セキュリティ/銀行/購買/アクセス管理、その他のセグメントごとに5年間の予測を行う。セグメントごとのRFIDタグ/ラベルの平均小売価格(ASP)の見積りと予測、市場牽引要因と課題の分析も行っている。


◆調査レポート
RFIDタグとチップ :次世代ビジネスの将来性
RFID Tags And Chips: Opportunities in the Second Generation
(リンク »)

◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!