消費者が適法を選択し、オンラインミュージック市場は健全に成長

株式会社データリソース 2006年03月20日

米国の調査会社インスタット社では、オンラインミュージック市場の世界での売上が2010年には107億ドルにまで成長し、また2007年までにダウンロード音楽による収益が、オンラインで購入された物理メディアによる収益をしのぐと予測している。これは、現在インターネットがデジタル音楽販売の主要かつ正統な流通機構であるという証拠であり、携帯電話がデジタル音楽の重要なチャンネルに発展しつつあるからだという。

オンラインミュージック市場は今後も健全な成長を続け、世界市場での売上が2005年の15億ドルから2010年には107億ドルにまで成長するだろうと米国調査会社インスタット社は報告する。さらに、2007年までにダウンロード音楽による収益が、オンラインで購入された物理メディアによる収益をしのぐだろうとも予測している。これは、現在インターネットがデジタル音楽販売の主要かつ正統な流通機構であるという証拠であり、携帯電話がデジタル音楽の重要なチャンネルに発展しつつあるともインスタット社は述べている。

「消費者は明らかに音楽を購入する際に適法な方法を選択しており、合法な音楽サイトも増えている。しかし、ベンダはいまだインターネット著作権侵害、相互運用性の問題、デジタルストリームの無免許の使用などの重要な障害に直面している」とインスタット社のアナリストStephanie Guza氏は語る。

インスタット社の調査レポートは、下記についても述べている。
◆調査回答者のおよそ半分はインターネットで音楽をダウンロードすると回答し、その64%は音楽の代価を支払った
◆オンラインで音楽を購入したという回答者の中で最も多かったのが、この1年間で10ドル~20ドル支払ったという回答だった
◆最も人気があるサイトはiTunesで、53%が購入した

インスタット社の調査レポート「オンラインミュージック市場調査:2007年にダウンロードが物理媒体を抜く - The Online Music Market: Downloaded Music Will Outpace Physical Media Bought Online in 2007」は、オンラインミュージック市場の成長を調査している。世界の音楽ダウンロードとオンラインの音楽物理媒体購入の収益を予測し、非常に重要なものとなるであろう携帯電話への音楽全曲ダウンロードの収益予測も行っている。

モバイル音楽は、従来のCDやデジタルシングル/アルバムのPC/ポータブル音楽プレイヤへのダウンロードと競争関係にある。オンライン音楽市場を語るときに、もはやこの伸びつつある携帯音楽ダウンロードを抜きにしては語れない。インスタット社の消費者調査によるオンライン音楽の購入/聴取行動の調査結果も掲載している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
オンラインミュージック市場調査:2007年にダウンロードが物理媒体を抜く
The Online Music Market: Downloaded Music Will Outpace Physical Media Bought Online in 2007
(リンク »)

インスタットについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR