世界のブロードバンド加入者数は2010年に4億を超えるとインスタット社が予測

株式会社データリソース 2006年04月26日

DSLサービスやケーブルモデムサービスのような確立したブロードバンド技術の普及と固定無線ブロードバンドと衛星ブロードバンドサービスの改良化によって、世界のブロードバンド加入者数は今後5年間で倍増し、2010年末時点での世界のブロードバンド加入者数は4億1300万に達すると米国の調査会社インスタット社では予測している。

DSLサービスやケーブルモデムサービスのような確立したブロードバンド技術がますます普及し、また、固定無線ブロードバンドと衛星ブロードバンドサービスの改良が進んで、世界のブロードバンド加入者数は今後5年間で倍増するだろうと米国調査会社インスタット社は報告する。インスタット社は、2010年末時点での世界のブロードバンド加入者数は4億1300万に達するとみている。

「世界のブロードバンド加入者数の急速な成長にはいくつかの理由があるが、最も重要なのは、ブロードバンドサービスが使いやすくなったことと、高速接続によって実現した新しいアプリケーションが増えたことである。そのほかにも、徐々にではあるが確実にサービス利用料金が下落していることや、ビデオや電話と高速インターネットサービスのバンドリング戦略が始まりつつあることもあげられる」と、インスタット社のアナリストMike Paxton氏は言う。

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

◆ DSLは、世界のブロードバンド加入者総数の69%を占めており、依然として最も主要なブロードバンド接続技術である
◆ 現在の成長に引き続いて、2006年も毎月370万人のブロードバンド新規加入者が見込まれる。米国では毎月67万人の新規加入者が見込まれる
◆ インスタット社によれば、世界のブロードバンド加入者数は2006年2月下旬に2億を超えた

インスタット社の調査レポート「ブロードバンド市場は引き続き好調 :世界の加入者は2億人を超える - The Broadband Boom Continues: Worldwide Subscribers Pass 200 Million」は、世界の住宅向けブロードバンドサービス市場を調査した。ブロードバンドサービス市場の主要企業を調査し、最も広範に利用されるブロードバンドアクセス技術について論議した。さらにケーブルモデムサービス、DSLサービス、固定無線ブロードバンドサービス、FTTHなどの、地域毎の加入者数を予測した。衛星ブロードバンド加入者、電力線接続加入者、ファーストマイルイサネットについても調査した。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ブロードバンド市場は引き続き好調 :世界の加入者は2億人を超える
The Broadband Boom Continues: Worldwide Subscribers Pass 200 Million
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR