アカマイ日本市場向け事業戦略を発表

「販売/マーケティングを強化」、「世界最先端の配信サービスの提供」を柱に展開 リッチコンテンツ時代のビジネス・インターネットを牽引

アカマイ・テクノロジーズ合同会社 2006年06月28日

業界最大のオンラインコンテンツの配信事業者、アカマイ・テクノロジーズ、インク(www.akamai.co.jp)は、本日都内でプレスブリーフィングを開催し、日本市場における当社の新事業戦略を発表。アカマイは、「世界最先端のWebコンテンツ配信サービスの提供」、「テクニカル・パートナーとの協業による直販の強化」を柱とする本事業戦略を2006年7月1日より展開する。

今後アカマイは、正規販売代理店経由で主に「Web静的コンテンツ配信サービス(EdgeSuite)」を幅広く展開し、テクニカル・パートナーとの協業によりリッチコンテンツ時代に対応する世界最先端の「Web動的コンテンツ配信サービス」3種を日本のメディア・エンターテインメント市場、Eコマース市場、ハイテク市場に提供していく。

また、アカマイは本日6月28日より新オフィスにてオペレーションをスタート、スタッフの拡充、販売・顧客・代理店サポート体制の強化を図り、当社の新事業戦略をサポートする。 

今回新たに発表された動的コンテンツ配信サービス「Application Performance Solutions(アプリケーション・パフォーマンス・ソリューション)」は、以下3つのサービスで構成される。

1.Web Application Acceleration(ウェブ・アプリケーション・アクセレレーション)

B2B向けの動的コンテンツ配信の加速サービスです。混雑をさけるSure Route技術、TCP/IP Optimization技術、Pre-fetching技術、圧縮とパーシスタンス機能を組み合わせる事により実現され、Access Controlによる配信制御も可能です。


2.Dynamic Site Acceleration (ダイナミック・サイト・アクセレレーション)

B2C向けの動的コンテンツ配信の加速サービスです。Site AcceleratorサービスにEdge Suite DeliveryとAdvanced Cache Controlを加えたスタンダード・サービスとさらにAccess ControlとSecure Content Deliveryを付加したSecureサービスがあります。
 

3.On-Demand Application Platform(オンデマンド・アプリケーション・プラットフォーム)

Web Application Server上の一部コンポーネントをEdge Platform上で処理可能とするソリューション。J2EE Web Application Server上の一部コンポーネントをEdge Platform上で処理可能とするソリューション。購買、登録、投票、キャンペーン当否などのApplication向け。

Webアプリケーションの動的コンテンツの高速配信を実現する「Application Performance Solutions」は、静的なコンテンツ配信を国内に置いた小規模な配信サーバだけでサービスする場合と異なり、インターネットの特性を活かした全世界的視野から動的コンテンツ配信や、国別の地域限定配信といった付加価値配信を、携帯を含むユビキタス端末を含めて実現する当社独自のソリューション。


アカマイは、これまで当社正規販売代理店を通じて、主に当社Web静的コンテンツ配信サービス(EdgeSuite)・ソリューションを日本のお客様に提供してきた。アカマイは、2006年7月1日より5社のシステム・インテグレータを「テクニカル・パートナー」として迎え、当社の直販/マーケティング体制を強化、世界最先端のWeb動的コンテンツ配信サービス・ソリューションの普及・導入促進をさらに推進していく。テクニカル・パートナー各社との協業に関する詳細は、7月12日に予定されるアカマイ・ユーザー・フォーラム「Web2.0を支えるリッチコンテンツ時代のビジネス・インターネット」において発表される予定。ユーザー・フォーラムの内容は、www.akamai.co.jpを参照。



今回発表した「テクニカル・パートナー」は以下の5社(50音順)。

* 株式会社イーシー・ワン ( (リンク ») )
* 株式会社Jストリーム ( (リンク ») )
* 日本電気株式会社 ( (リンク ») )
* 株式会社ネットマークス ( (リンク ») )
* 株式会社ビジネス・アーキテクツ ( (リンク ») )


アカマイ株式会社について(www.akamai.co.jp):
アカマイ株式会社(2003年1月28日設立)は、1999年に設立された、アカマイ・テクノロジーズ、インク(本社:米国ケンブリッジ、会長:George Conrades【ジョージ・コンレイデス】www.akamai.com)が100%出資する日本法人です。アカマイは、世界69カ国に展開する約1万9,000台のサーバ「Edge Platform」を有し、オンライン上のコンテンツやアプリケーションの配信を加速するサービスを提供する世界最大の業者です。アカマイは、静的なコンテンツ配信だけでなく各種コンサート・スポーツ試合等の国内限定ストリーミング配信やWebアプリケーションなどの動的コンテンツ配信を多数実現し、世界中で1,900社以上が当社サービス利用しています。


本件に関するお問合せ先
アカマイ株式会社 マーケティング 赤根 香代子
電話: 03-5777-6800 / e-mail: info_akamai@akamai.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アカマイ・テクノロジーズ合同会社の関連情報

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

アカマイ・テクノロジーズ合同会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?