i2テクノロジーズ・ジャパンとマイクロソフト、「People-Ready ビジネス」ビジョンに基づき、SCMソリューションの提供で協業体制を構築

- 日本の製造業を支える、次世代SCMソリューションを協同で支援 -

i2テクノロジーズ・ジャパン株式会社、マイクロソフト株式会社 2006年10月20日

i2テクノロジーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤 年成、以下i2)および、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:ダレン ヒューストン、以下マイクロソフト)はこのほど、マイクロソフトの新しい法人市場向けビジョン「People-Ready ビジネス」に基づいた協業関係を構築し、協同でSCM(サプライチェーン・マネジメント)ソリューションを提供していくことで合意しました。

今後両社は、日本市場に向けたSCMソリューションを共同開発・提供するほか、営業・マーケティング・技術サポートなど多方面での協業を展開していきます。

両社は今回の協業により、「Microsoft<R> Windows Server<R> 2003」、「Microsoft SQL Server<TM> 2005」、「the Microsoft Office System」などのマイクロソフトプラットフォームと、i2がSCM専業ベンダとして培ってきたテクノロジー・ノウハウ、コンサルティングサービスを組み合わせたSCMソリューション「Global Real-Time PSI※」を協同で提供していきます。その中核として、Microsoft Office SharePoint<R> Server 2007をプラットフォームとしたポータルソリューション「PSI Insightポータル」を提供し、SCMにおける業務プロセスの改善を推進します。

Global Real-Time PSIは、常に変動する需要と供給のギャップを埋めるだけでなく、企業の経営指標に照らし合わせながら、グローバルかつ複数組織を連携させて、タイムリーなサプライチェーンの意思決定を支援するソリューションです。単純な数あわせではなく、意思を持って積極的に市場や供給ルートに働きかけることによって、売上機会の損失を防ぎ、在庫コストの低減を目指します。これはソフトウェアが、社員の意思決定を支援することで、最大限の経営効果を生み出すというPeople-Readyビジネスのビジョンに基づいています。

Global Real-Time PSIは、i2のSCMにおける長年の経験・実績・ノウハウと、マイクロソフトのプラットフォームの先進性・利便性・接続性とを融合させ、日本の製造業のために開発されました。i2およびマイクロソフト共同で、本ソリューションの販売パートナーの開拓を進めるとともに、2007年度1年間で5社の導入を目指しています。

■本協業における両社の意義
i2にとって今回のマイクロソフトとの協業は、i2が長年の実績を持つSCMソリューションを、広範な組織のお客様により使いやすい形で提供することを通じて、もともと日本企業が得意としてきた「人を生かす経営」を支援することを目的としています。SCMのリーディングカンパニーとして蓄積してきたi2の専門性を、人が使いやすく柔軟性が高いマイクロソフトのプラットフォーム上で提供することにより、恒常的・継続的な営みであるSCMに関わる人と組織の連携を実現すると同時に、柔軟な標準モデルを提供することができます。第一弾のGlobal Real-Time PSIソリューションでは、日本企業がグローバル企業でありながら、グローバルな視点でKPIマネジメント、業務プロセス同期化、データ統合が実現しきれていないという課題の解決に取り組んでいきます。

マイクロソフトにとって今回のi2との協業は、「People-Ready ビジネス」ビジョンに基づき、展開するものです。このビジョンは、企業のビジネスを成功に導くのは “人”であり、ソフトウェアは社員一人ひとりが成功に貢献できるよう支援するものであるという考え方であり、今回SCM分野において、i2と協同でマイクロソフトプラットフォームをベースとしたソリューション提供を行うことで、日本の製造業において、SCMに関わるすべての人々が迅速な判断を下し、物理的な距離や組織の壁を超えて協業できる仕組みを実現します。今回の協業を通じて、日本の製造業における新しいSCMの革新につながるような提案、その結果お客様がPeople-Readyビジネスを実現するお手伝いをしていきます。

i2およびマイクロソフトは、以前よりグローバル・アライアンス・パートナーとして提携関係にありましたが、今回の協業は日本法人同士の結びつきをより強固にするものです。グローバル・アライアンスのリソースを十分に活用しながら、日本発のソリューションを協同で提供していくことを目的としています。

■Global Real-Time PSI ・・・ 使いやすく、わかりやすい。人に優しいソリューション
プランニングから、ビジビリティ(イベント管理、分析、データ統合)、コラボレーションにわたり、グローバル需給調整における迅速なPDCA(Plan/Do/Check/Act)を支援するための機能を提供します。全体最適視点での管理指標に基づくプロセス・意思決定を支援し、組織を横断したコントロールタワーとして機能します。KPIなどビジネスインテリジェンス機能が大幅に強化されたOffice SharePoint Server 2007で構築された「PSI Insightポータル」によって、パーソナライズされたダッシュボードで状況や問題が見え、Web化されたExcel<R>インターフェイスの分析レポートやOLAPで分析を行い、あるいは計画エンジンやMicrosoft Office Communicatorなどコミュニケーションツールへ容易にアクセスでき、関係者が連携して迅速に意思決定し、アクションを行います。その結果、無駄な在庫/コストの削減、顧客サービスレベル向上、収益性の最大化を実現します。
Global Real-Time PSIは、マイクロソフトのOffice SharePoint Server 2007をはじめ2007 Office systemをコアテクノロジーに採用しており、ポータルと、コンテンツ管理、ビジネス情報およびビジネス プロセスを統一することによるコラボレーション効率の向上、より多くの情報に基づく意志決定、基幹アプリケーション間のコンテンツ制御などを可能にしています。

・ソリューション提供開始時期
本日より受注を開始し、業務分析・コンサルティングサービスは本日より提供を開始します。Global Real-Time PSIの提供は、来年以降を予定しています。
・ソリューション提供形態
お客様へのコンサルティング・営業活動、システムの構築・導入は、i2が営業窓口となって行います。
・価格
使用環境により異なるため、お問い合わせください。
・システム環境
Office SharePoint Server 2007、2007 Office System、SQL Server 2005、Windows Server 2003、計画エンジンが必須環境となります。その他はお客様の環境に合わせ、オプションとなります。

用語解説

※PSI=調達(Procurement)/製品(Product)、販売(Sale)、在庫(Inventory)

【「People-Ready ビジネスについて】
「People-Ready ビジネス」は、「企業にとって最も重要な経営資源は「社員」であり、「社員」の潜在力を最大限に引き出すことがビジネスの成功につながる」というマイクロソフトの企業向けのビジョンです。日本において本ビジョンに基づいた事業を展開する上で、お客様により理解していただくため、そのエッセンスを集約した日本オリジナルのタグライン「People Ready Business&#8211; 社員力を、経営力に。」を策定し、大規模な広告展開などを開始しています。本ビジョンに基づいた様々な営業・マーケティング活動を展開し、「カスタマーリレーションの強化」、「イノベーションの推進」、「ビジネスプロセスの改善」、「コネクションの構築」の4つのビジネスの課題に対して、メッセージ訴求していきます。そして、お客様に対して、企業におけるイノベーション、機動力、価値創造に結びつくような企業情報システムにおけるソフトウェアの新しい使い方を提案していきます。
詳細は、Webサイト( (リンク ») )をご参照ください。

【i2テクノロジーズ・ジャパンについて】
i2テクノロジーズ・ジャパン株式会社は、i2 テクノロジーズ(本社:米国テキサス州ダラス)が100%所有する日本法人です。i2テクノロジーズは、サプライチェーン・マネジメント(SCM)領域に特化した、企業の事業目標達成を支援するソフトウェアの開発・販売およびコンサルティングサービスを製造業・小売業を中心に展開しています。フォーチュン・グローバルトップ10社中7社がi2のサプライチェーン・ソリューションを導入しているほか、世界の有力企業に数多くの導入実績を有しています。1988年の設立以来、ユーザ企業の事業成功に向けたソリューションを提供し続けています。日本法人は1996年に設立され、主に製造業を中心にSCMソフトウェアの販売と導入支援サービスを提供してきました。主な導入企業※1は、東芝、松下電産、JFEスチール、富士通、NEC、セイコーエプソン、日立製作所、菱食、明治屋、アスクル等です。


【マイクロソフトについて】
マイクロソフト株式会社は、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフト コーポレーションは、1975年に設立され、「世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を、最大限に引き出すための支援をする」、ソリューションにおける全世界でのリーディングカンパニーです。

※1: 敬称略、順不同
※2: i2 および i2のロゴデザイン、ロゴは、米国i2 Technologies, Inc.の商標又は登録商標です。
※3: Microsoft、SharePointは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。



■□━━━━━━━━━━━━━━━━■□
     お客様の問い合わせ先
■□━━━━━━━━━━━━━━━━■□

i2テクノロジーズ・ジャパン株式会社
ソリューションマーケティング部
TEL: 03-6409-1212 Email: marketing-j@i2.com


■□━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本件に関する報道関係者様の問い合わせ先
■□━━━━━━━━━━━━━━━━■□

i2テクノロジーズ・ジャパン広報事務局
(株式会社パブリシス) 担当:竹村・竹内
TEL: (03) 5719-8901   
FAX. (03) 5719-8919
Email. i2_technologies@publicis.co.jp

マイクロソフト株式会社 広報部 岡部・石井
TEL. (03) 4523-3210
FAX. (03) 4523-3209
E-mail. mskkpr@microsoft.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!